ハクビシン駆除がなぜ必要なのか~理由を3つ紹介~

ペストコントロールは今後も成長していく予想 ペストコントロールは今後も成長していく予想

東京オリンピックを迎えるにあたってハクビシン駆除対策が進んでいる

2020年に開催される東京オリンピックへ向けて、駆除業者は技術力や駆除能力を向上させていくことが予想されています。ですから、オリンピックが開催される頃には、多くの害獣が駆除されていることでしょう。

オリンピックに向けてハクビシン駆除・対策はかなり重要視されている

ハクビシン

来る2020年東京オリンピックに向けて東京都ではハクビシン駆除や対策が重要視されています。東京都だけでも、ハクビシン駆除依頼が数百件も来ているのです。他にも、アライグマやタヌキといった害獣によって被害を受ける人が多くいます。害獣によって受ける被害は年々増加している傾向にあるので、問題視されているのです。しかし、東京都では、現在害獣駆除や対策に力を入れ始めているので、2020年までには多くの害獣が駆除されていくことが見込まれるため、被害件数の縮小に期待することができるでしょう。

ハクビシン駆除・対策が必要になる3つの理由

理由その1~生活環境に被害を及ぼす~
ハクビシンが生態系に与える問題や、外来種であるかどうかについてはまだハッキリしたことは分かっていません。しかし、それ以外で一つだけハッキリ分かっていることがあります。それは、人の生活環境に悪影響を与えるということです。ハクビシンによって受ける健康被害や住宅被害はかなりのものです。ですから、ハクビシン駆除を業者に依頼する人が多くなってきています。
理由その2~生態系への影響~
ハクビシンによって、生態系に悪影響を及ぼす可能性があるといわれています。この点に関しては、まだ調査が十分に進んでいないため、ハッキリしたことは分かっていません。ちなみに、アライグマによって両生類が大量に捕食され、日本の生態系に大きな被害が出たことは確認されています。ハクビシンもまた、アライグマのように日本の生態系に大きな影響を与える可能性があるのです。
理由その3~感染症のリスク~
ハクビシンに接触すると、病原菌が感染する恐れがあります。接触して感染する病気には、レプスとスピラ症やツツガムシ病などがあるのです。これらの病気になれば、日常生活や仕事に支障をきたす恐れがあります。また、経口感染するものでいえば、サルモネラ菌食中毒やカンピロバクター食中毒などがあるので注意しましょう。サルモネラ菌食中毒というワードは、恐らく誰もが知っているものです。この病原菌は、ハクビシンの糞に潜んでいるとされています。
TOPボタン