都内でドンドン増加しているハクビシン駆除件数

ペストコントロールは今後も成長していく予想 ペストコントロールは今後も成長していく予想

ハクビシンが都会に増えた理由とそれに対するアクション

ハクビシンやタヌキは本来、東京都内で見られるような動物ではありません。しかし、最近では東京都内に頻繁に出現しています。それと同時に、ハクビシン駆除の件数も増加しているのです。アライグマも同様に、駆除される件数が増えているので、今後も増えていくことが予想できます。

なぜ今ハクビシンやタヌキといった野生動物が都内に現れるのか

人々の生活が豊かになるに連れて、害獣が増えていきました。特に、都内ではハクビシンやタヌキなどの野生動物が多く出現します。ハクビシンやタヌキが都内で増える理由としては、食べ物の豊富さが挙げられるでしょう。生活が豊かになると、ゴミも増えていきます。そのゴミの中には、食べ物も含まれるのです。生ゴミの中には、まだ食べられるものが約4割を占めているともいわれているのです。このような生ゴミは、ハクビシンやタヌキにとってご馳走となります。人間は怖い存在ですが、都内は食べ物が豊富なので出現するのです。

ハクビシン駆除・対策に関する素朴な疑問

実際にハクビシン駆除・対策は進められているのでしょうか?
都内には、元々存在しなかったはずの動物が住み着いています。その中でも、近年問題になっているのがハクビシンやアライグマです。ハクビシン駆除や対策は現在でも進められています。というのも、都民から相談が増え続け、被害も増加しているからです。ちなみに現在では、「東京都アライグマ・ハクビシン防除実施計画」が考えられています。
ハクビシンの駆除件数や捕獲件数ってどのくらい?
アライグマの駆除件数も結構多かったのですが、アライグマに比べるとハクビシンの方が捕獲件数が圧倒的に多いのです。平成26年にはハクビシンの捕獲数が700件以上あるのに対して、アライグマの捕獲数はその半分にも満たない300件となっています。ハクビシン駆除は今現在でも頻繁に行なわれています。ですから、駆除件数は今後もどんどん増えていくことでしょう。

TOPボタン